投稿者「筋肉奴」のアーカイブ

精子

精子の通過障害の治療について:

通常、精子そのものは正常であるが、精管に異常がある場合、不妊治療に手術療法が行われます。手術後の妊娠率は約15%ですが、手術が早いほど成功率が高まります。精巣で造精能力がわずかでも残っている場合、手術は有効な治療法となります。精管手術は、異常な部分を切除し、精管を修復する手術で、一般的に開腹手術は必要ありません。ただし、高度な技術と経験が必要で、3人に1人は精管の機能が回復する可能性があります。また、尿道下裂、尿道狭窄、尿道閉塞などの尿道異常も手術によって治療可能です。

インポテンツ(勃起不全)の検査について:

インポテンツは陰茎が勃起しないために性交ができない性交障害です。インポテンツは器質的インポテンツと機能性インポテンツの2つに分類され、前者は器質的な要因により勃起障害が生じ、後者は精神的な原因によるものです。

インポテンツの治療にはまず勃起の状態を検査します。夜間勃起現象の記録試験は、無意識に発生する夜間の勃起回数、陰茎周囲の増大度、陰茎硬度を記録し、器質的インポテンツと機能性インポテンツを区別するのに役立ちます。

他にもスタンプテスト、エレクシオーター、スナップゲージなどの検査方法があり、これらを通じて勃起の状態を評価し診断を行います。治療には検査結果に基づいて、薬物療法や心理療法、手術などが検討されます。

男性の不妊治療

男性の不妊症の治療について

精子の数が少ないまたは精子が存在しない場合、以下のような治療が行われます。治療は通常約半年を目安に行われ、効果が現れない場合、人工授精などの人工妊娠方法を検討することがあります。

1. ホルモン療法: 不妊治療にはホルモン療法が頻繁に使用され、個人差があるため、定期的なホルモン検査が行われます。

2. ゴナドトロピン療法: ゴナドトロピンの性腺刺激ホルモンを服用して精子の生成を促進する治療です。男性ホルモンの分泌を増加させ、性欲と勃起力を向上させる効果が期待されます。

3. 男性ホルモン療法: テストステロンの不足が問題の場合、男性ホルモン剤を投与します。一時的に精子の数が減少することがあるが、投与を停止すると急激に回復します。

4. 甲状腺ホルモン療法: 甲状腺ホルモンを投与し、精子の生産を活性化する治療法です。

5. 循環ホルモン療法: 循環を促進する薬物を投与し、精子の運動能力を向上させることが試みられます。

6. 精索静脈瘤除去手術: 精子の生成能力に影響を与える精索静脈瘤を摘出する手術が行われます。

7. 漢方治療: 漢方薬を使用し、精子生成を促進する治療法です。体質や症状に応じて選択されます。

8. 食事療法とビタミン療法: これらは他の治療法と併用され、栄養バランスの良い食事やビタミン補助療法を通じて基本的な健康と機能を改善し、精子の生産能力を高めます。

これらの治療法は、患者の具体的な状態に応じて選択され、医師との相談のもとで行われます。

勃起不全治療

インポテンス(勃起不全)の治療には、原因に応じてさまざまなアプローチがあります。治療は医師の指導に基づいて行われるべきで、薬物療法、精神療法、外科的治療、補完療法などが考えられます。

1. 精神療法:
心因性のインポテンスの場合、夫婦関係や日常生活のストレスが原因となることがあります。治療にはカウンセリングや心理療法が含まれ、患者が自身の心身の健康を認識し、自己信頼を回復するのに役立ちます。

2. 薬物療法:
薬物療法は、ホルモン剤やビタミン剤を含むさまざまなオプションがあります。例えば、性腺機能不全に対しては男性ホルモンの補充療法が行われます。また、抹消動脈硬化症による血液の流れの問題に対してビタミンEなどが使用されることもありますが、これらは個人によって効果が異なることがあります。

3. 血管外科的治療:
動脈硬化や糖尿病による血液循環の問題が原因でインポテンスが起こる場合、血管外科手術が考慮されます。これには血栓の除去や人工血管の置換などが含まれます。

4. 陰茎プロステーシス挿入手術:
インポテンスの患者に対して、陰茎プロステーシスと呼ばれる装置を挿入する手術が行われることがあります。これにはノンインフレータブル型とインフレータブル型の2つのオプションがあり、適切な選択は医師との相談によります。

5. 陰圧式勃起補助具:
陰圧式勃起補助具は、陰茎に装着され、ポンプによって陰茎内の血液を増やし、勃起をサポートする装置です。効果的ではありますが、使い方に関する指導とパートナーの理解が必要です。

6. 補完療法(例:バイアグラ):
特定の薬物、例えばバイアグラ(シルデナフィル)、は陰茎の血液流入を促進し、勃起を改善するのに役立ちます。ただし、副作用や医師の指導に従うことが重要です。

7. マカ:
マカは滋養強壮の植物として知られ、男性の性機能を改善するとされています。ただし、安全性や効果についてはさらなる研究が必要です。

最終的な治療法は、患者の個別の状態と原因に依存します。医師の指導のもとで適切な治療法を選択することが大切です。

ペニス増大サプリ究極の精力強化と勃起改善サプリメント

マカには多くの栄養素が含まれており、生理不順、性欲増強、冷え性改善、不妊症、老化防止、疲労回復、貧血、うつ症状の緩和などに対する利点があります。マカにはアルカロイド、サポニン、テルペノイド、デキストリン、アントシアニン、ステロイド、タンパク質、ビタミン、カルシウム、ヨード、亜鉛、アスパラギン、ビタミンE、鉄、銅、各種ミネラル、ビタミンB郡、そして必須アミノ酸が含まれています。

特に妊娠に必要なアミノ酸であるリジンとアルギニンが豊富に含まれ、ホルモンや生殖器官の正常な機能をサポートし、妊娠を促進する効果があります。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、美肌効果もあります。女性ホルモンのバランスを整え、排卵障害や月経不順の改善に寄与します。

男性にとっても、マカは精子生成を促進し、滋養強壮の効果があります。また、女性の更年期障害の症状を軽減する可能性があります。

漢方薬では、不妊治療において桂枝茯苓丸や当帰芍薬などが使用され、八味地黄丸は男性に使用されます。

マカは古代インカ帝国から珍重され、特権階級の食事としても使用されていました。マカの種類はいくつかあり、中でもマカモラーダは特に優れた薬効があるとされ、ペルーで高く評価されています。

また、マカは色によって種類が分かれ、特に色の濃いもの(紫色など)にはポリフェノール、ミネラル、フラボノイドが豊富に含まれます。

アルギニンとリジンは、生殖器官の正常な機能を活発化し、受精しやすい環境を整えます。これらのアミノ酸は体内で生成できない必須アミノ酸であり、肌、髪、内臓、筋肉の健康にも寄与します。

最後に、マカは「天然のバイアグラ」とも呼ばれ、滋養強壮に優れた効果があるとされています。NASAでも宇宙飛行士の体力と生理機能の維持のために使用されているほどです。マカはペルーの自然薬として、桂枝茯苓丸や当帰芍薬と並ぶ4つの特に価値のある植物の一つとされ、その多くの利点が評価されています。

男性の更年期

更年期は女性のものだけでなく男性にも体の変化が訪れます

女性の更年期には閉経という区別があり

個人差がありますが平均的には50歳前後約10年間という期間に限られています

男性の場合は性機能の衰え方が緩やかなために女性ほど症状がひどくなりません

男性の更年期の年齢はだいたい40歳から64歳くらいまでと

女性より幅広く生殖機能が終わる年齢も個人差がかなり大きいのが特徴です

40代半ばで更年期障害に悩む人もいれば70歳を過ぎてもまったく症状がなく子供を作る人もいます

男性ホルモンテストテスロンの減少が更年期の原因

男性ホルモンの1つのテストテスロンは男性ホルモンの中で

最も作用が強く男性らしさをつかさどるホルモンです

女性の卵巣にあたる精巣でつくられており性機能に直接作用します

このテストテスロンの血中に含まれる量の増減が生殖能力を測る1つの目安になり更年期障害を左右します

男性は40歳を過ぎるころからテストテスロンの量が徐々に低下します

男性の更年期障害は男性ホルモンのテストテスロンの減少により起こります

男性ホルモンはだらだらとゆるやかに落ちていくので

女性のように強い形で更年期障害が現れないことが多いです

しかし女性と同様に不安、いらいら、うつ、不眠などの精神症状のほか

疲労感やほてり、発汗、頭痛などの体の症状も現れます

この時期には年齢的にも動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣を引き起こします

これが性欲の減退につながる恐れがあります

生活習慣

男性の場合は更年期特有の不調のどこまでが性ホルモンの減少によるものか判断が難しくなります

しかし年齢よる肉体の衰えや仕事や家庭での精神的ストレスなどのも原因であるのは間違いありません

心身の不調を訴えて病院に行っても異常がなく

過労や自律神経が不安定といった説明を受ける場合がよくあります

男性の場合は性欲の減退が更年期の1つのサインになることもあります

泌尿器などの専門医に相談して不調が病気によるものか

ストレスなのか男性ホルモンの減少からくるものなのか判断してもらう必要があります

検査結果で異常が無ければ更年期だと自覚することです

男性の更年期とホルモン補充療法

テストテスロンが低下して更年期障害の症状が現れた場合は男性ホルモン補充療法を行います

テストテスロンの分泌が正常で精神、心理状態の症状が強い場合薬を処方します

テストテスロンが正常で性機能障害が強い場合は勃起障害治療薬バイアグラを使用します

男性の更年期障害の特徴は次の3つがあります

体の変化

体力が無くなり粘りがきかない、全身倦怠感、関節痛、筋肉痛、ほてり、発汗、寝汗、髪の毛が薄くなる

年齢的に体重が増えて生活習慣病を起こしやすい

心の不調

うつ症状、自信喪失、不安、恐れ、不眠、人生の目的喪失、孤独感、集中力の欠如

男性の更年期はうつ症状が非常に強く多く見られます

いらいらや憂鬱のほかにも職場での孤立評価されないなどの気分障害に落ちいりやすくなります

男性の更年期の自殺率は女性の3倍になるといわれその背景には

男性は女性のように人に気軽に悩みを打ち明けず1人で抱え込む傾向が多いことがあげられます

また自分がうつと気がつかないケースが多くあります

そのために専門医の治療を受けていない人が多く病気の悪化や長期化を招くケースが増えています

性的変化

性的な変化性欲の減退、勃起障害、勃起力の減少や持続時間が短い

男性と女性の大きな違いは女性の更年期は急激な女性ホルモンの低下によるからだの変調から始まり

精神面の変調へと進んでいくのに対して男性の場合はうつなどの

精神面の変調から始まりからだの変調へと進んで行きます

憂鬱や不安といった気分障害は同時に性欲減退や勃起障害などの症状を伴い

このような性機能の低下が生活意欲の減退や自信喪失、憂鬱感を深めるという悪循環を生み出します

年齢にともなう体力の低下に加えて遠距離通勤、深夜帰宅、外食、喫煙、アルコール

このような生活が長くなるとビタミン不足で更年期の症状が重くなります

健康を維持するには睡眠不足や過労を避けて食事の内容に気をつけることが第一です

特に性機能を守るためには生活習慣病を予防する食事が大切です

また有酸素運動も自律神経を整え性ホルモンの分泌を促します

男性の更年期は女性の閉経のようなはっきりした症状が無いので見逃されがちです

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。